安心の伊東観光協会加盟店舗

口コミで広がる「わんこの森ドッグラン」の魅力

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


1500円で飲み食べ放題。1日のんびり遊べると好評です
施設利用料(フリードリンク&遊具&ドッグラン)一人1000円 (5歳以下無料※要年齢確認@保険証など)で一日遊べます。
ランチプラス500円
・インスタグラム★口コミ写真

・自然の地形と雑木林と草原・・わたしたち自然大好きなんです。
伊豆 ドッグランg
☆☆☆わんこの森が選ばれるポイント☆☆☆
その1.自然をそのまま活かした施設作り
例えばドッグラン一つとっても「伊豆の里山のありのままの自然である落ち葉と腐葉土と森林のドッグラン」であるとか 元々の地勢を活かした施設作りを心がけてます。森の中のテラスで鳥の声を聴きながらコーヒーを飲むとか、大室山を望みながら電動ろくろを楽しめるだとか そういう事こそを大切に考え施設作りを行ってます。来て見て感じてください。そこにハートが宿っていることを感じ取って貰えたら嬉しいな。

伊豆高原 伊豆 観光
手作りのドッグラン
 詳細はこちら

その2.森カフェのメニューは自家製です
売ってるものを買ってきて「チン」して出しちゃたり「盛り直して」出しちゃうお店が増える中、出来うる限り自家製の物を提供したい。地味だけどホッとする味わい。そんなお店が伊豆高原にあってもいいよね。
伊豆高原 伊豆 犬 カフェ
きのこと胡桃の生パスタ
詳細はこちら

雨の日でも晴れの日でも

・電話受付時間 下記営業

 お問い合わせ電話はこちら→0120-296-143

陶芸体験ほけきょ&森かふぇ+わんこの森ドッグラン
〒413-0234 静岡県伊東市池675-62

定休日■年中無休 10:00~17:00■平日(最終受付/15:00) 10:00~18:00■土日祝祭日・GW・夏休み・年末年始・春休み(最終受付/16:00) ・予約不要/込み合う時はお待ち頂く事がございます

駐車場11台(無料/先着順)

遊具の紹介です

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

森カフェ 遊具の紹介です。
フリードリンク&ドッグラン&遊具=1000円(5歳以下無料)でご利用いただけます。

+500円でビッフェ(おかわり自由)もおすすめです。
伊豆高原をお得に楽しんじゃってください!

#わんこの森 #伊豆高原わんこの森

Yoshitetu Takeyamaさん(@yoshitetutakeyama)がシェアした投稿 -


image003206.jpg

伊豆高原の桜並木通りの開花状況

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

やっと満開です。やたー!

今週末伊豆高原にお越しの予定の方は
陶芸の才能も開花させてはいかがでしょうか
わんこの森は伊豆高原桜並木通りから車で10分のところにあります。
桜を満喫したらランチやクラフト体験で伊豆高原をより楽しんじゃってくださいね。

見頃です。 #伊豆高原桜並木 #伊豆高原 #伊豆

Yoshitetu Takeyamaさん(@yoshitetutakeyama)がシェアした投稿 -

ごあいさつ

・自然の地形と雑木林と草原・・わたしたち自然大好きなんです。
伊豆 ドッグラン

こんにちわ、森カフェマスターの武山よしてつです。
森カフェホームページに遊びに来て頂きありがとうございます。

わたしは幼少の頃より家族旅行で訪れた伊豆が大好きでした。
カブトムシやクワガタが沢山採れるし、海ではサザエやあわびが採れ
自然の中で力いっぱい遊べたからです。

小学5年生の時に、定年退職した母方のお爺さんの住む家が伊豆高原に出来て。
夏休み、冬休みと過ごすうちに「将来は伊豆に住みたいな」と心の片隅で漠然とながら思いました。

その後も、年に数度は伊豆高原を訪れるようになるのですが、
海のない県の平凡な団地で育った私には、この伊豆高原は天国とも思える特別な場所でした。

東京で暮らし、夢を追いかける日々を過ごしつつ、
様々な挫折を味わい人生に行き詰まりを感じていた35歳の時
誰も住まなくなった伊豆の家に思い切って引っ越すことを決意しました。

・妹と爺さんとわたし・・1982年の伊豆高原、辺りには民家も少なく森の中の一軒家でした
伊豆高原 1980年代

私達が施設を運営する上で大切に思っている事の一つに「木を気軽に切らない」があります。
そして、余裕があれば「木を植えてゆく」です。
なぜなら「自然その物を体感するのはとっても気持ちがいい」からです。

伊豆に訪れる度に感じてたのは「自然の豊かさ」でした。
海でも山でも、居住区でも・・。ダイナミックな自然こそが「豊かな気持ち」を満たしてくれ。
遊びに来る度に、さらに好きになってゆく事を幼少の頃より大切に思ってました。

ですから、森カフェ&わんこの森ドッグランを始める際にも、もっとも重視したのが。

「宅地造成されてない自然の地形・雑木林」で
「自然を活かしたドッグランがやれたらな」です。

・大人となった今でも自然の中で遊んでます。
伊豆 自然

ドッグランを訪れる度に感じるのが「人間には優しいけど・・・犬には・・?」の疑問でした。

除草剤のまかれた芝生の上、人間よりも嗅覚の鋭いわんこが人間よりも近い距離でそれに接する。
平坦に造成された土地は、人間の運動量を遥かに凌駕するわんこには退屈極まりない物なのでは・・。

わんこ目線に立って考えれば考えるほど、世の中には、

「人間の都合ばかりが優先されたドッグランが氾濫してるのではなかろうか」と

思えてしまうのでした。

わんこには「無味乾燥」な「においの少ない」人工物が広がる
人間中心の世界から開放されて・・・。

「なんだかこの間行ったドッグランは、うちの犬が何時もと違ったなあ」

と感じていただけたら・・。

ドッグラン一つとってもそんな思いをこめて運営してます。

・鹿の足跡、どんぐり、毛虫、蛇の抜け殻・・自然界は様々な「におい」で満ちています。
伊豆 ドッグラン

「自家製メニュー」を用意した森カフェでは、その他にも、陶芸やサンキャッチャー作りなども楽しめ。

特に思い入れ深く行っていることが

「ワンシーサー作り体験」です。

これは、私が沖縄の焼き物&シーサー工房で働いてた時に感じた事。

「沖縄ってお店で使うお皿とかも土地の物だし、シーサーも贈り物などに
 普通に用いるし、そう言うのって素敵だなあ。」

土地固有の文化を当然の様に受け入れ、
愛している事を目の当たりにして出した一つの回答です。

琉球王国と言う一つの国家を成していただけあって
今日でも文化的な独自性を保って、しかも、離島だけあって本土のように画一化されていない。

私が、陶芸体験の焼き上がりに地域性を求めたいのも
わんことシーサーを掛け合わせて「ワンシーサー作り」を始めたのも

・妻も沖縄のシーサー&陶芸工房で働いてました。その時の経験を皆さんにお伝え出来たら嬉しいです。
ワンシーサー 体験

わんことの旅行文化の先進地域である伊豆半島の現在の風潮を

「単なる観光産業の延命策」の様に、場当たり的には捉えないで

そのまま土地の文化として受け入れ、何十年、何百年後には、
伊豆半島地域の文化として成熟して行けたらな。との思いを込めています。

そして、陶芸やガラス作品を作ることの面白さを体験していただく事はモチロンですが
伊豆の友人に会いに来た感覚、親戚のお家に遊びに来た感覚で楽しんで頂ければ幸いです。

文章■2015年11月 武山よしてつ

「人も動物も気持ちよく過ごせたらいいな」の思いをこめた手作りの施設です
伊豆 伊豆高原 ドッグラン

ドッグラン「草っ原」ゾーンオープン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

伊豆高原わんこの森ドッグラン「草っ原ゾーン」オープンしました。

自然の地形を活かすように丁寧に造成して、
芝一辺倒にならないように多様な草を生やし
柵を打つこと1年半、ようやくのオープンです。

image003191.jpg

当初の予定では300坪を一気にオープンと考えてましたが
北斜面がどうしても草が生えず、それならと予定を変更して
約150坪の南斜面のみでのオープンに踏み切りました。

ご利用いただいた方からは、やはり!

「何時もと違いました」
「こんなにハッスルしたの初めてです」

との声を多数いただきホッと一安心しているところです。

来年の夏までには北斜面もオープン出来るように作業を進めたいと思います。

伊豆特産明日葉 キノコのくるみクリームパスタ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

erika0126cocoさん、exfam.mさん、u_uyuさん、ecchan_0225さん、y_bijouさん、baligreennatureさん、takundoさん、ponicomahoさんが「いいね!」しました


asako916伊豆高原2日目

#大室山#富士山初冠雪#絶景#カフェ#ランチ#わんこの森#明日葉ピザ#伊豆特産明日葉#キノコのくるみクリームパスタ#生パスタ

雑木林ゾーンに続いて、大型犬OKの約300坪「草っ原」ゾーンを製作中です。

柵を打ち、草の生い茂る2015年秋にオープン予定です。
(夏を予定してましたが間に合いませんでした、申し訳ありません。)

「草っ原」ゾーンと言うからには、単に芝生の生い茂る清廉な環境をとは考えてません。

雑草が、バッタが、蝶が、行き交う、なるべく自然本来の姿を、
不快過ぎないレベルで、加減を考えつつ実現しようと製作してます。

伊豆 伊豆高原 ドッグラン

だってだって、わんこは「におい」が大好きなんです。
鹿の足跡、どんぐり、猪のXX、毛虫、蛇の抜け殻・・。
自然界本来は様々な「におい」で満ちています。

わんこには「無味乾燥」な「においの少ない」人工物が広がる
人間中心の世界から開放されて・・・。

たまの旅行くらい、人間だってわんこだって、

伊豆高原のドッグランで「自然の恵みに満ちた世界」を体験してほしいから。

ドッグラン作ってます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ドッグランの雑木林部分の柵を3月開園に向けて作り始めました。

思案した結果、10センチ間隔で200cmの木を50cm打ち込んでゆきます。
穴掘り得意な子がきても絶対に逃げれません(笑)

ドッグラン作りに精を出すスタッフの佐々木君は、元陸上自衛隊員です。
訓練で3メートルくらいの穴をスコップで掘ることもあったそうな。

雨がふったり雪がふったり何かと予定通りに進みませんが
開園しましたらHPでお知らせしますので
よろしくお願いします。


・穴掘り機で掘った穴に木を差し込んでゆきます。
伊豆 伊豆高原 ドッグラン