口コミで広がる~伊豆高原わんこの森の魅力

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
伊豆高原わんこの森は「旅の思い出」と「旅の記念品」を作るお手伝いをします。
伊豆のおすすめ観光スポット、伊豆高原わんこの森は「わんこもOK」ではなく「わんこ連れ専門」の施設です。ドッグランで力いっぱい走り回って遊んだり。クラフト体験で愛犬との記念品を作ったり。一休みにランチしたりカフェしたり、雨の日も晴れの日も一日のんびり楽しんでくださいね。

・自然の地形と雑木林と草原・・犬だって自然大好きなんです。
伊豆 ドッグランg
伊豆高原わんこの森が選ばれる3つのポイント
その1.日本初、伊豆で唯一のわんこ連れ専門クラフト体験工房
伊豆高原には「体験工房」が約50施設ほど点在します。その中でも伊豆高原わんこの森は「わんこもOK」ではなく「わんこ連れ専門」の施設なのです。お客さんはわんこ連ればかりですから、一般のお客さんがいる施設よりもリラックスして楽しめますよ。シャイな子には個室も用意。

スタッフ制作の100体以上の見本を参考に、オリジナルのワンシーサー作り
伊豆高原 伊豆 ドッグラン
ワンシーサー体験
時間約120分 料金3780円から 詳細はこちら

こねこね癒しの土いぢり、焼きあがりも本格派
伊豆高原 伊豆 観光
てびねり陶芸体験
時間約60分~90分 料金2500円(税別)から 詳細はこちら

窓辺に飾って虹キラキラ~お部屋を癒し空間に
伊豆 犬 観光
サンキャッチャー体験
時間約60分~90分 料金2500円(税込み)から 詳細はこちら

その2.自然をそのまま活かした手作りのドッグラン
わんこは「におい」が大好きです。人間と違い目よりも「におい」で様々な物事を感じ取ります。においに乏しい全面芝のドッグランや、人工物が広がる人間中心の世界から開放されて・・・鹿の足跡、どんぐり、猪のXX、毛虫、蛇の抜け殻・・。せっかく伊豆高原へ来たのだから「本物の自然の恵みに満ちた世界」をわんこと共に体験してください。
伊豆高原 伊豆 観光
手作りのドッグラン
1人500円+1匹500円から 詳細はこちら

その3.森カフェレストランのメニューは安心の自家製です
ファミレスやコンビニなどのチェーン店のみならず、近頃は街の飲食店でも当たり前に幅を利かす「食品添加物由来の美味しさや利便性」今や当たり前すぎて話題にものぼらないかもしれませんが、森カフェレストランは、それらに疑問を持つところからスタートしてます。自家菜園ハーブ、ミネラル豊富な自然塩、粉から仕込むピザ生地、生乳と卵と黒砂糖で作るアイスクリーム。ドレッシングも、ピクルスも、パスタソースも、出来うる限り無添加の素材と自家製の物を提供したい。地味だけどホッとする味わい。そんなお店が伊豆高原にあってもいいよね。
伊豆高原 伊豆 犬 カフェ
きのこと胡桃の生パスタ
ランチ900円・ドリンク400円から 詳細はこちら

雨の日でも晴れの日でも

・電話受付時間 10:00~17:00

 お問い合わせ電話はこちら→0120-296-143

伊豆高原わんこの森
〒413-0234 静岡県伊東市池675-62
営業時間 10:00~17:00(水・木定休)
・予約不要/込み合う時はお待ち頂く事がございます
(ラストオーダー/ランチ14:00/体験15:00/ドッグラン&カフェ16:00)
駐車場6台(無料)

ごあいさつ

・自然の地形と雑木林と草原・・犬だって自然大好きなんです。
伊豆 ドッグラン

こんにちわ、わんこの森マスターの武山よしてつです。
わんこの森ホームページに遊びに来て頂きありがとうございます。

わたしは幼少の頃より家族旅行で訪れた伊豆が大好きでした。
カブトムシやクワガタが沢山採れるし、海ではサザエやあわびが採れ
自然の中で力いっぱい遊べたからです。

小学5年生の時に、定年退職した母方のお爺さんの住む家が伊豆高原に出来て。
夏休み、冬休みと過ごすうちに「将来は伊豆に住みたいな」と心の片隅で漠然とながら思いました。

その後も、年に数度は伊豆高原を訪れるようになるのですが、
海のない県の平凡な団地で育った私には、この伊豆高原は天国とも思える特別な場所でした。

東京で暮らし、夢を追いかける日々を過ごしつつ、
様々な挫折を味わい人生に行き詰まりを感じていた35歳の時
誰も住まなくなった伊豆の家に思い切って引っ越すことを決意しました。

・妹と爺さんとわたし・・1982年の伊豆高原、辺りには民家も少なく森の中の一軒家でした
伊豆高原 1980年代

私達が施設を運営する上で大切に思っている事の一つに「木を気軽に切らない」があります。
そして、余裕があれば「木を植えてゆく」です。
なぜなら「自然その物を体感するのはとっても気持ちがいい」からです。

伊豆に訪れる度に感じてたのは「自然の豊かさ」でした。
海でも山でも、居住区でも・・。ダイナミックな自然こそが「豊かな気持ち」を満たしてくれ。
遊びに来る度に、さらに好きになってゆく事を幼少の頃より大切に思ってました。

ですから、わんこの森を始める際にも、もっとも重視したのが。

「宅地造成されてない自然の地形・雑木林」で
「自然を活かしたドッグランがやれたらな」です。

・大人となった今でも自然の中で遊んでます。
伊豆 自然

ドッグランを訪れる度に感じるのが「人間には優しいけど・・・犬には・・?」の疑問でした。

除草剤のまかれた芝生の上、人間よりも嗅覚の鋭いわんこが人間よりも近い距離でそれに接する。
平坦に造成された土地は、人間の運動量を遥かに凌駕するわんこには退屈極まりない物なのでは・・。

わんこ目線に立って考えれば考えるほど、世の中には、

「人間の都合ばかりが優先されたドッグランが氾濫してるのではなかろうか」と

思えてしまうのでした。

わんこには「無味乾燥」な「においの少ない」人工物が広がる
人間中心の世界から開放されて・・・。

「なんだかこの間行ったドッグランは、うちの犬が何時もと違ったなあ」

と感じていただけたら・・。

そんな思いをこめて施設を運営してます。

・鹿の足跡、どんぐり、毛虫、蛇の抜け殻・・自然界は様々な「におい」で満ちています。
伊豆 ドッグラン

わんこの森では、その他にも、陶芸やサンキャッチャー作りなども楽しめ。
「自家製メニュー」を用意した森のカフェも併設してます。

特に思い入れ深く行っていることが

「ワンシーサー作り体験」です。

これは、私が沖縄の焼き物&シーサー工房で働いてた時に感じた事。

「沖縄ってお店で使うお皿とかも土地の物だし、シーサーも贈り物などに
 普通に用いるし、そう言うのって素敵だなあ。」

土地固有の文化を当然の様に受け入れ、
愛している事を目の当たりにして出した一つの回答です。

琉球王国と言う一つの国家を成していただけあって
今日でも文化的な独自性を保って、しかも、離島だけあって本土のように画一化されていない。

私が、陶芸体験の焼き上がりに地域性を求めたいのも
わんことシーサーを掛け合わせて「ワンシーサー作り」を始めたのも

・妻も沖縄のシーサー&陶芸工房で働いてました。その時の経験を皆さんにお伝え出来たら嬉しいです。
ワンシーサー 体験

わんことの旅行文化の先進地域である伊豆半島の現在の風潮を

「単なる観光産業の延命策」の様に、場当たり的には捉えないで

そのまま土地の文化として受け入れ、何十年、何百年後には、
伊豆半島地域の文化として成熟して行けたらな。との思いを込めています。

嬉しい事に、初めて一年と経たない施設にも関わらず、
同様のコンセプトの施設や、ワンシーサー作り体験を始めた工房も出てきてます。
伊豆半島地域全体で盛り上がってゆくことで、
今後はますます、「わんことの旅行」は洗練されてゆくと思います。
そのフラッグシップたるべく、わんこの森も頑張ります。

そして、陶芸やガラス作品を作ることの面白さを体験していただく事はモチロンですが
伊豆の友人に会いに来た感覚、親戚のお家に遊びに来た感覚で楽しんで頂ければ幸いです。

文章■2015年11月 武山よしてつ

「人も動物も気持ちよく過ごせたらいいな」の思いをこめた手作りのドッグランです
伊豆 伊豆高原 ドッグラン

ペット好き わんこ好き 陶芸 求人 スタッフ 募集

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

伊豆高原の体験工房で働いてみませんか。


★陶芸求人情報・土まみれ・汗まみれだけどやり甲斐あります。
これまで東北芸術工科大学 陸上自衛隊 武蔵野美術大学 東京芸術大学 バンタンデザイン研究所 より受け入れ実績あり。共に技術を磨き働く仲間を募集中です。

新卒で伊豆高原へ移住した人 20年近い職場を退職して陶芸職人になりたいと移住した人 陶芸家を目指す人 伊豆に住みたかった人 元ギャラリーオーナー うん十年陶芸家やってたけど最近厳しくなったので働きたい人 近所だしなんだか面白そうだから 等々、当工房には様々な人が働いてます。

伊豆 伊豆高原 観光 体験

私たちが生活してる伊豆はこんなところ

大室山と伊豆高原 中伊豆の河のほとりの温泉
伊豆 伊豆高原 観光 自然 田舎暮らし  伊豆高原 観光 陶芸 体験 伊豆の踊り子 はんなり焼き
約3キロにわたる桜並木 休日は伊豆半島散策
伊豆高原 桜 開花 開花状況 開花予想 2010 ほけきょ庵の休日 稲取 風車三姉妹
天城の野生の鹿 天城の湧き水
天城 鹿 中伊豆 天城の湧水 伊豆高原駅 うめえ水
首都圏から3時間のエメラルドグリーンの海・伊豆白浜海岸
伊豆白浜海岸

恵まれた自然環境の中、来店するお客様をお迎えする価値あるお仕事です。

伊豆 伊豆高原 観光 体験
業務以外の自分の作品つくりにも励んでください 自分たちの施設は自分達で作るが基本です
伊豆高原アートフェスティバル 伊豆高原 観光 伊豆 ウッドデッキ 田舎暮らし
未経験の事にもどんどんチャレンジしてもらいます 自分たちの手で作った施設なだけに愛着もひとしお
伊豆 伊豆高原 陶芸 窯 築窯 伊豆 伊豆高原 おすすめ 人気 スポット ランキング


当工房履歴

1998年 ガレージキット原型完成品制作工房baxter-garegekitを埼玉県川越市にて開業 
2005年 静岡県伊東市に移転、伊豆高原スタヂオ設立
2008年 陶芸体験ほけきょ庵スタート
2012年 サンキャッチャー体験ぷちそれいゆスタート
2015年 伊豆高原わんこの森スタート

私達はここ(伊豆)から始めて、日本の観光地、世界のリゾート地へ羽ばたく事を夢見てます

クラフトとリゾートを掛け合わせると、クラフトマンの新しいライフスタイルが見えてきます。世界のリゾート地に拠点を増やし、仲間を増やし、これまで培った芸術と工芸の技能を活かして風光明媚な環境で仕事に励み生活を楽しむ。私達の夢に貴方の夢を重ね合わせてみませんか。 今後は、2017年に関東に1店舗2019年に関西に1店舗 2023年に南半球への出店を計画。全国より人材を募集しています。 

勤務地
静岡県伊東市(伊豆高原) 

業務内容
リゾート地におけるクラフト工房or観光施設の運営 
ご案内・レジ・電話対応・クラフト指導などの接客
陶芸作品仕上げにまつわる職人業務 厨房仕込み・ホールなどのカフェ業務 
草刈機・ユンボ・チェンソーなどを使ったDIY業務(男性)
貴方の経験や能力に見合った仕事につきます。

応募資格
クラフト未経験者可 18歳以上 陶芸やガラス工芸など手作りクラフトが好き 
接客業が好き 人に教えるのが好き 田舎暮らし・リゾート暮らし、海、山、温泉が好き 
都会暮らしに飽きた・未練のない方 
30歳以上の方は、3年以上同職場に勤務経験のある事 
中途正社員希望の方は、陶芸仕上げ業務、厨房、接客、講師業いずれかの経験が3年以上ある事 
いずれもが経験3年未満の場合アルバイトインターンで実務経験を積んだ後に正社員登用試験アリ

給与
・正社員・契約社員・年間総支給額 180万円~350万円(賞与諸手当含・各種社会保険完備)
・アルバイト・パート 時給800円~1200円(雇用労災保険)
待遇
陶芸材料・設備・利用OK 自身の創作活動に活用して下さい。
ドリンクバー・エスプレッソマシーン利用OK
移住・お部屋探し・家族での移住支援 作った物は店頭販売OK
公募展・クラフト展応募支援 教室業務の必須技術キャリアの浅い方には
先輩スタッフが技術指導~働きながら学べます。
朝サーフィンしてから働きたい、
1日6時間だけ働きたいなどの希望にも応じます。
勤務時間
・正社員 当工房規定 シフトによる変形労働時間制  基本9:00~17:00(休憩45分/残業時プラス15分)
残業 10~40 時間/月 (土日祝日&繁忙期に残業が集中します)

・アルバイト・パート 土日祝日含む週3日から週30時間以内(シフト・応相談) 9:00~17:00(休憩45分/残業時プラス15分)
残業5~10 時間/月 (土日祝日&繁忙期に残業が集中します)

・他雇用形態(請負・契約社員)別途相談
応募 ★見学随時歓迎(要連絡)
(祝祭日は案内出来ないこともあります)

・正社員
第一次選考 履歴書(写真付き)送付 中途の方はプラス職務経歴書
第二次選考 面接
第三次選考 技能テスト&筆記テスト
第四次選考 職場体験→研修期間6ヶ月→本採用

アルバイト・パート
第一次選考 履歴書(写真付き)送付 中途の方はプラス職務経歴書
第二次選考 面接

お問い合わせ
080-5115-2026(担当・武山)

履歴書送付先先
学歴とこれまでの職業履歴書プラスクラフト技能をお持ちでしたら
作品写真も同梱して下さい。
注意※返却はいたしませんので簡単な物で結構です

413-0232 静岡県伊東市八幡野1204-4 武山芳徹宛



ドッグラン「草っ原」ゾーンオープン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

伊豆高原わんこの森ドッグラン「草っ原ゾーン」オープンしました。

自然の地形を活かすように丁寧に造成して、
芝一辺倒にならないように多様な草を生やし
柵を打つこと1年半、ようやくのオープンです。

image003191.jpg

当初の予定では300坪を一気にオープンと考えてましたが
北斜面がどうしても草が生えず、それならと予定を変更して
約150坪の南斜面のみでのオープンに踏み切りました。

ご利用いただいた方からは、やはり!

「何時もと違いました」
「こんなにハッスルしたの初めてです」

との声を多数いただきホッと一安心しているところです。

来年の夏までには北斜面もオープン出来るように作業を進めたいと思います。

雑木林ゾーンに続いて、大型犬OKの約300坪「草っ原」ゾーンを製作中です。

柵を打ち、草の生い茂る2015年秋にオープン予定です。
(夏を予定してましたが間に合いませんでした、申し訳ありません。)

「草っ原」ゾーンと言うからには、単に芝生の生い茂る清廉な環境をとは考えてません。

雑草が、バッタが、蝶が、行き交う、なるべく自然本来の姿を、
不快過ぎないレベルで、加減を考えつつ実現しようと製作してます。

伊豆 伊豆高原 ドッグラン

だってだって、わんこは「におい」が大好きなんです。
鹿の足跡、どんぐり、猪のXX、毛虫、蛇の抜け殻・・。
自然界本来は様々な「におい」で満ちています。

わんこには「無味乾燥」な「においの少ない」人工物が広がる
人間中心の世界から開放されて・・・。

たまの旅行くらい、人間だってわんこだって、

伊豆高原のドッグランで「自然の恵みに満ちた世界」を体験してほしいから。

ドッグラン作ってます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ドッグランの雑木林部分の柵を3月開園に向けて作り始めました。

思案した結果、10センチ間隔で200cmの木を50cm打ち込んでゆきます。
穴掘り得意な子がきても絶対に逃げれません(笑)

ドッグラン作りに精を出すスタッフの佐々木君は、元陸上自衛隊員です。
訓練で3メートルくらいの穴をスコップで掘ることもあったそうな。

雨がふったり雪がふったり何かと予定通りに進みませんが
開園しましたらHPでお知らせしますので
よろしくお願いします。


・穴掘り機で掘った穴に木を差し込んでゆきます。
伊豆 伊豆高原 ドッグラン


森カフェレストラン3種の神器の紹介です。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

上から、挽き立てエスプレッソやアフォガードを作るデロンギエスプレッソマシーン。
生パスタを打つフィリップスのパスタマシーン。
皮や種も砕いちゃう超強力バイタミックス製ミキサーもスムージーを作るのに欠かせないです。
海外製の個性的な機器を駆使して森カフェメニューを充実させてゆきま~す。

伊豆高原 カフェ

伊豆高原 グルメ

伊豆高原 グルメ

1月3日(土)4日(日)の営業

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

積雪による敷地内凍結と水道管の凍結のため1月3日(土)4日(日)は
13:00からのオープンといたします。

森カフェメニューは断水により仕込が不可能なため
一部メニューのみでの営業とさせていただきます。

今後も冬季営業は、水道管凍結による
営業時間の短縮が有ります事

ご了承のほどどうかよろしくお願いいたします。

伊豆 ドッグラン 雪